静岡戦国奇譚

中部伝承焼津市
焼津市井伊直孝侯産湯の里

中里の若宮八幡宮は、井伊家にゆかりの深い神社だといわれています。この神社の近くに住む村松五作さんの家の敷地の中に、井伊掃部頭直孝(いいかもんのかみなおたか)産湯の井戸といわれるものが残っています。この井伊直孝公のお話をしましょう。
ある時のこと徳川家に仕える十二万石の大名・井伊直政が、東海道をわたり岡部宿(おかべのしゅく)へ泊ることになりました。そこで、お殿様をおもてなしする娘を探したところ、中里小町といわれる美しい娘がみつかり、お殿様もたいへん満足で、気にいられたようでした。
その後、その娘は男の子を生みました。この子が後の井伊直孝でした。直孝は幼い頃の名前を弁之助(べんのすけ)といい、利口な子どもでした。
母は弁之助が六歳のとき、いっしょに上野国(こうずけのくに)(今の群馬県)箕輪城(みのわじょう)にいる直政をたずねました。そして、母子は武蔵国(むさしのくに)(今の東京都、埼玉県、神奈川県の一部)私市(きさい)の庄屋さんの家に世話になることになりました。
弁之助が11歳になった年の暮れ、庄屋さんの家に盗人がおし入りました。そのとき、弁之助が知恵をはたらかせ、みごとに盗人をやっつけて、大手がらをたてました。父の直政がこの話を聞き、たいへん喜んで、さっそく母子を城にむかえることになったのです。
成人した弁之助は直孝と名前を改め、慶長10年(1605)16歳のとき将軍家に仕え、慶長18年(1613)には伏見の城を守るほどになりました。その後、兄の直勝(なおかつ)が病弱であったので、兄に代って父のあとを継ぐことになりました。
そして寛永6年(1629)、彦根城の殿様となった直孝は、自分の生まれた所が中里であることを知って、村の社に八幡宮をおまつりしたのです。