静岡戦国奇譚

中部伝承牧之原市
牧之原市家康のかくれ井戸

家康が戦で追われ、今の細江の根松のあたりまで逃げて来た時の事です。その頃の根松は大きな木で囲まれた百姓家がぽつんぽつんとあるだけで、田畑は屋敷の周りのみという寂しい所でした。家康は敵に追われ、数人の側近と共に身を隠す場所を探しておりました。数十騎の敵は背後に迫っています。とある一軒の戸口を叩き、
「敵に負われている、かくまってはくれぬか」
と頼みました。その家の主人が出て来て、困った様子で、
「さあて、こんな家に隠れてもじきに見つかるで、どうしたもんか」
しばらく考え込んでいましたが、
「そうだ。ええ所がある。こっちへ」
と屋敷のすみの大きな樫の木の側にある井戸の所まで案内しました。
「今年は日照り続きで、井戸の水はだいぶ干上がって水の深さはたいした事はないで、こん中へ隠れるとええ」
と太い綱を使って、家康とその家来を次々と井戸の中に降ろしました。
「しばらくの辛抱だで、咳などしんように」
と声をかけ、急いで井戸のふたを閉めました。
間もなく追手が、やってきました。声がだんだん近づいてくるのが、井戸の中にいてもわかります。とうとう、この屋敷に踏み込んで来たようです。家康たちは、
「もはやこれまでか」と覚悟を決めました。
「この屋敷に、家康が逃げ込んだだろう。どこだ。かくまうとためにならんぞ」とどなっています。
主人はひるまず、
「何をおっしゃるだ。わしらん家の者たちはこの通り戦から逃げる支度で、朝から出たり入ったりしていて、おかしな人はひとりも見ちゃあいんし、通りもしないっけに」
「そんなはずはない。逃げ込んだとすればこの家しかない。家の中を捜すぞ」
とドタドタ踏み込んで来ました。ついに庭の納屋から井戸の側まで来ました。すると、主人が進み出て井戸の前に立つと、
「おさむらいさん、わしん思うに家康はもっと南に逃げたのではないかのう。浜の松林をぬけて東に行きゃあ、まるっきり目につかんでのう」
と落ち着き払って言いました。追手はしばらく考えていましたが、
「うーん。これだけ探していないとなれば、そうかも知れん。皆、浜まで下れ。松林の中をしらみつぶしに探せ」
と叫び、走り去っていきました。
どの位たったでしょう。あたりが静かになった頃、主人は井戸のふたを取り、
「おさむらいさん方、はあ大丈夫だに。綱をおろすで、上がっておいでなはれ」
と呼びかけました。
「かたじけない」
「助かった」
と家康たちは井戸から上がりました。主人は家の中に招き入れ、
「こんな物しかないけえが」
と白湯を一杯ずつ出してくれました。家康はこの主人の機転と度胸に大層喜びました。
「わしが天下を取ったあかつきには、お前をこのあたり一帯の地主にしよう。まずは以後、前田と名乗るがよい」
と言って
『目通り土地を許す』とのお墨付きを残し、家来と共に立ち去ったということです。
家康が天下統一を成し遂げる前の、今から四百年以上昔のお話です。