静岡戦国奇譚

中部伝承島田市
島田市白井の三本松

今から400年も昔のお話。あちこちで戦さがあって、世は乱れに乱れていました。そのころ、伊久美(いくみ)の白井(しろい)に、大橋源太という侍が住んでいました。
ある年の暮れのこと。源太は猪狩りに出かけようと、家の前にある松の木に弓矢をたてかけておきました。そこへ、二人の侍がせかせかとやってきました。そのうちの一人が松の木の側を通るとき、弓をけとばしてしまいました。けれども、それを気にしている暇もないらしく、急ぎ足にその場を通りすぎようとしました。
それを見た源太は、ひたいに青すじをたてて、大声で呼びとめました。
「待てっ。そこの侍。武士のたましいである弓矢を足にかけ、そのまま行きすぎるとは無礼であろう。」
振り向いた二人のうち年上らしい侍が、こう言いました。
「これは、これは。せっ者が悪うござった。急ぎの旅ゆえ、なにとぞごかんべんを。」
きちんと詫びたのですが、源太は腹のむしがおさまらぬと見えて、
「詫びるとあらば許しもしようが、何者だ。名を名乗れ。」
と、しつこく言います。
「いや、我らは殿の命で急ぐ者。姓名だけは、おゆるし願いたい。」
「なに。名も名乗れぬと。ならばゆるさん。」
「どうしてもゆるさぬといわれるか。」
「おう。」と、源太は刀のつかに手をかけました。
すると若い侍が、何をとばかり相手になろうとします。そこを年上の侍が押しとどめて、言い聞かせました。
「この場はせっ者にまかせて、先をいそげ。一刻も早く使いをはたさねばならん。」
若い侍を先に行かせると、年上の侍は源太の方に向き直り刀を抜きました。
激しく切り結んだのですが、源太の勢いが強く、年上の侍は、切りたてられ切りたてられて、とてもかなわぬと、逃げ出してしまいました。
「逃げ出すとは、卑怯なやつ。」
源太は、弓をひきしぼると、侍の後ろ姿に向かって、ひょうと矢を放ちました。
放たれた矢は、侍の肩にぶすりと突き立ちました。がくっと侍は膝まづきましたが、また立ち上がると、いっさんに逃げだしました。
「待てっ。」と、源太はそれを追いかけます。
大平までくると、侍は力尽きてばったり倒れてしまいました。追いついた源太は、その侍をめった切りにして、殺してしまったのです。
二人の侍は、遠州の犬居の城の侍でした。遠州の犬居で戦さが起こって、犬居の城主は、石神の城主・石神兎角之助(いしがみとかくのすけ)に助けを求めるため、二人の侍を使いに出したのです。二人は、尾上重蔵(おのえじゅうぞう)と新右衛門(しんえもん)といいました。年上の重蔵は、大切な使命を帯びた旅の途中で、源太の手にかかって果ててしまったのです。
村人たちは、あわれに思って、大平に重蔵の墓をたててその霊をなぐさめましたた。
そして、源太の家の三本松は、誰いうとなくこう歌われるようになったのです。

白井小路のまつ三本
あの松たがまつ
しろい源太のてかけまつ

この歌は後のちまで、ひよどり祭りのとき、踊りに合わせて、歌われるようになったといいいます。

出典/「しまだの民話」島田市教育委員会