静岡戦国奇譚

浜松市西部伝承
浜松市念仏池(三ヶ日町只木)

三ヶ日町も北のはずれ、風越峠の近くに「只木(ただき)」の部落があります。ここの山の麓に、「念仏池」という、小さい水たまりのような池があります。
昔のことでした。ここの裏山に庵をかまえて、「道満行者」という、仙人のようなそして効験の強い行者が住んでいました。道満行者は、朝な夕なにこの水を飲んで、それだけで生きていました。
「不思議な人だ。それではあの池は、神様の池かもしれない。」
村の人達は、そう噂して、その池に近づくことを恐れていました。やがて、道満行者は、いつの間にか姿を消してしまいました。
ですが、この池の不思議は残っていたのです。だれでも、この池のほとりにたって、「南無阿弥陀仏」の六文字の妙号を唱えると、池の底からは、不思議にもいくつかの泡が出てきたということです。

出典/「三ケ日町のむかしばなし」三ケ日町教育委員会