静岡戦国奇譚

森町西部伝承
森町かわいそうな阿佐姫

もう400年以上も昔のお話です。天方城(あまがたじょう)に阿佐姫という、たいそう美しくかわいいお姫様がおりました。年ごろになり、お嫁に行く話も決まり、お姫様の幸せが続いていくことを誰もが信じていました。でもそんな時突然、お姫様はとても重い病気にかかってしまったのです。
殿様、奥方様はもちろんのこと、家来の人たちもみんなが本当に心配しました。お医者様に診てもらったり薬を与えたり、あらゆる手をつくして看病しました。それだけでなく、神様や仏様にお祈りして、一日も早くよくなるようにとお願いもしました。それでも、一向によくなる様子もなく、お姫様はただ苦しむばかりでした。
ある日のこと、お姫様は腰元を枕元に呼んで、こう言いました。
「私の病気は、もうよくなりません。こんなに苦しむなら、いっそ死んだほうがましです。私は死んだら、神になろうと思います。若い娘たちがこの病気にかからぬように、またかかっている人たちが早くなおるようにお守りします。」
と言いました。それを聞いた腰元は、
「お姫様、そのような気の弱いことを言ってはいけません。病気はきっとなおります。元気を出してください。もう少しの辛抱です。」
とはげましました。でも、その思いは届きませんでした。その日の夜、ついに姫は自分の首に短刀をつきさして命を絶ってしまったのです。
殿様や奥方様をはじめ、城中や城下町の人々の悲しみはたいへんなものでした。姫のなきがらは、大鳥居、蔵雲院の近くの山に葬られました。そのお墓は「阿佐姫塚」と呼ばれていました。後に小さな「ほこら」が建てられ、「阿佐姫大明神」といわれるようになりました。そして、姫と同じ病気で苦しむ女の人たちのお参りが後をたたなかったといわれています。

 

出典/「森町ふるさとの民話」森町教育委員会

  • 腰元……お城の中にいて、お姫様の身の回りの仕事をする人。