静岡戦国奇譚

浜松市西部伝承
浜松市池の平の伝説(おかわ様)

高根城(たかねじょう)が、敵の軍勢に攻め込まれ落城した時のことです。城主の後室おかわ様は幼い子ども二人をかかえて、山ごしに信州へ逃げるつもりで、やっとのことで水窪川(みさくぼがわ)まで逃げてきました。
しかし、追手が迫る中を二人の子どもをかかえて逃げることはできないと考え、川を渡るとき心を鬼にしてひとりの子を淵(ふち)に投げいれ、残った子を背負って山の中にかけこみました。
おかわ様は山の一軒家のおばあさんに水を一杯もらうと、
「私はこれから山の中に逃げこむけれど、敵が探しにきても、どうか私のことは告げないでくだされ。」
おがむように頼んで木立の中へまぎれこんでいきました。
間もなく敵兵が、ドヤドヤとやってきました。
「こら、ばばぁ、おかわ御膳を知らぬか。申さねばこれだぞ。」
そう言うと、血のしたたる刀をおばあさんの鼻先につきつけました。おばあさんは言うまいと誓っていましたが、あまりの恐ろしさに、ついに山のほうを指さしてしまったのです。
その頃、おかわ様は山を登りつめ、池の平(いけのだいら)という盆地にまでやっとのことでたどりつきました。疲労しきったおかわ様は草原の中へ身をかくして息を殺していたのですが、折悪しく子どもがむづがって泣きはじめました。
その声を聞きつけた敵兵にとうとう見つかってしまい、おかわ様は殺されてしまいました。
この池の平は、水窪町から大津峠をこえ門谷(かどたに)部落へ向かう途中にあります。一面の草原なのですが、七年目ごとに水が湧き満々たる大池になります。そして数日でまた一滴も残さず水が引くという不思議な現象で知られています。

出典/「こどもたちのほりおこした静岡県の民話と伝説」静岡県教育委員会