• ホーム >
  • 2015年 徳川家康公没後400年

二〇一五年 徳川家康公没後四百年

徳川家康没後400年。それは天下泰平実現400年の軌跡。

来る2015年、徳川家康没後400年。それは取りも直さず、天下泰平を実現して400年とも言えるかもしれません。静岡県には、家康公が「厭離穢土欣求浄土」の旗印を掲げてから、本当にその理想を実現するまでの足跡がしっかりと刻まれています。新しい時代が始まろうとしている今こそ、その足跡を辿ってみたいと思います。

  • 大願成就の軌跡

    「厭離穢土欣求浄土」の旗印を掲げてより、天下泰平の大願に向けて一心不乱に突き進んだ家康公。その拠点としての浜松城と駿府城には、大願成就の軌跡が刻まれています。

    大願成就の軌跡を刻む城について

  • 自然畏敬の軌跡

    家康公は静岡を愛し続けていました。そこには静岡だけが持つ自然への深い畏敬の念がありました。その思いは富士山と伊豆半島に今もはっきりと残されています。

    家康が愛した自然について