三嶋大社

せせらぎを感じながら、武将たちが崇めたお社を歩く




▲至る所に、力強い彫刻が! ▲中国の「二十四孝」を題材にした彫刻で飾られた舞殿 ▲春、桜にけむる境内・神池

三島駅の南東約1kmに鎮座する三嶋大社は、各地の三嶋、または三島と書かれる神社の根元社であり伊豆国一の宮です。平安中期以降に、国府のあった現在地に新宮として分祀されたのが始まりで、旗揚げ祈願をした源頼朝の崇敬が篤く、現在のような大社となりました。戦国時代には後北条氏も三嶋大社を篤く信仰し、二代氏綱は社殿の造営を行いました。しかし、永禄から元亀年間(1570頃)武田信玄の侵攻により焼亡。その後、北条氏政は織田氏との友好を深めようと三嶋社に祈願を命じたそうです。
天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めで、東海道箱根の抑えの城である山中城は落城。この時、戦を避けて避難していた神主・社人らに対して、秀吉は安堵状を発行しています。後北条氏滅亡後、関東に入国してきた徳川家康は、文禄3年(1594)に三百三十石、慶長2年(1604)に二百石を寄進。二代将軍秀忠も家康のあとを受けて社領の安堵を行いました。
境内には総欅(けやき)権現造りの豪壮な本殿、幣殿(へいでん)、拝殿、舞殿、神門などがあり、欅材を用いた見事な彫刻が施されています。また北条政子が奉納したと伝わる『蒔絵手箱』など、数々の国宝や重要文化財を所蔵。宝物館の企画展示や常設展で詳しく知ることができます。
8月の例祭をはじめ、さまざまな神事や行事が執り行われる三嶋大社。天然記念物の金木犀(きんもくせい)や桜など、通年において見どころは事欠きません。湧水のせせらぎが心地よい街中から、ゆっくりと歩いてめぐるのがおススメです。
(金木犀・桜の開花情報は、三嶋大社HPに掲載されます)

http://www.mishimataisha.or.jp/

アクセス

所在地 静岡県三島市大宮町2-1-5
お問合せ 055-975-0172(代表)
公共交通機関ご利用の場合 伊豆箱根鉄道「田町駅」下車、徒歩約5分
JR三島駅より徒歩、約10分
自動車 東名高速道路沼津ICから国道1号線、三島方面へ約20分
駐車場 有(有料)約55台
1時間ごとに200円

見学情報

施設 三嶋大社宝物館
所在地 静岡県三島市大宮町2-1-5
TEL/FAX 055-975-0566
休館日 不定休(展示替による休室あり)
開館時間 9:00-16:30(入館は16:00まで)
入場料 一般  500円(300円)
大学、高校  400円(200円)
中学、小学  300円(100円)
( )内は団体15名以上の割引料金
*特別展は、料金が異なる場合があります。