白水城

はくすいじょう
  • 名称はくすいじょう
  • 所在地南伊豆町長津呂字鍋浦山
  • 様式山城

長津呂の土豪・御簾三河守の城と伝えられる城跡

『源基氏伝帖』による長津呂・御簾三河守の城と伝えられる城跡。城の山腹にある井戸の水白色なる故、白水城と称されている。
城跡は、長津呂湾の東側にそびえる、海抜60mの急峻な鍋浦山の頂上に位置している。郭は連郭で、山頂最上部に位置する一の郭とその北側、一段下って存在する二の郭によって構成されている。いすれも土塁によって区画され、遺構の保存状況も良好である。また、一の郭の東に連なる尾根には、幅7m~8mの空堀りが存在し、郭と尾根を分断している。この他、城跡北西の山腹には、径1m90cm×1m60cmの石積みの古井も残っている。
鍋浦山は自然の要害で、城跡は、眼下に長津呂港を見下ろす要衝に位置している。なお、御簾三河守は長津呂の土豪と伝えられているが、その詳細については不明である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する