長田氏館

おさだしかん
  • 名称おさだしかん
  • 所在地南伊豆町青市字大久保
  • 様式その他

平致房(加茂次郎)の縁故により青市に居を構えたとされる長田氏の館

建久3年(一説には治承4年)長田忠致(荘司)誅せられ、その三男、長田三郎は高祖父、平致房(賀茂二郎)の縁故により青市に来り、居をかまえたという。
館跡は青市、大久保の山麓に位置する。現在は、宅地・畑地化して旧状を知ることはできないが、沢をへだてた西側の山麓に長田荘司をまつった小祠が残っている。また、青市若宮神社には、永享3年檀庄司三郎の銘を有する掛仏も存在する。
なお、長田氏隠遁の伝承については、下田・稲梓地区にも残されており、長田荘司の小祠は落合、高根山にも存在する。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する