谷田城

やたじょう
  • 名称やたじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地三島市谷田
  • 様式平山城

大場川に近い小高い丘にあったと推察される城

『増訂豆州志稿』は城山と呼ばれ、西方の鯉(コイ)生(ソ)川が城池の跡とし、渡辺照雄、あるいは佐野某が居住したとする。『三島市誌』は濠跡が残っており丘状を成していたとしている。
大場川に近い微高地上に位置し、比高10m前後の小高い独立丘状を呈しており河岸段丘の縁辺部らしい。周囲はすべて水田である。現在は宅地化しているが、北部が一段高く、南部が低いため、2郭が南北に並んでいたものと推定される。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する