三島代官所

みしまだいかんじょ
  • 名称みしまだいかんじょ
  • 所在地三島市北田町
  • 様式その他
  • 関連武将伊奈熊蔵

宝暦9年まで存続したとされる伊豆国の代官所

天正18年(1590)徳川家康の東国入国後、伊豆国の多くは天領に編入され、その管理の為に代官所が三島に置かれた。初代は伊奈熊蔵である。この後韮山代官所と併合する宝暦9年(1759)まで存続したと伝える。その後は伝馬の施設が置かれたと、『増訂豆州志稿』は記載する。同書は、その位置について、三島市北田町の現市役所一帯を推定する。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する