多呂館

たろかん
  • 名称たろかん
  • 俗称・別名在庁宅址
  • 所在地三島市多呂
  • 様式その他

三嶋大社の祭礼に関係していた在庁職多呂氏の館

『増訂豆州志稿』は在庁職多呂氏の歴代の館跡とする。在庁職は伊豆国府の在庁官人ではなく三島大社の祭礼に関係し、一国の奉幣使の役目を持つと言う。『小田原衆所領役帳』には三島神領として庁屋分、在庁十人、靏喰、安久の地名を記載する。
なお豆州志稿は在庁はその後、谷田御門、安久多呂、中島城之内等へ移転したと言う。
箱根の山裾の低い東北に向って張り出した丘陵、通称祇園山に位置すると言われる。現在は畑及び墓地となる。遺構は不明。
南東、多呂の集落の山手には土肥ノ内、西屋敷、前堀などの小字名があり、この地域かもしれない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する