川原ヶ谷城

かわらがやじょう
  • 名称かわらがやじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地三島市加茂川町
  • 様式平山城

山田川と大場川の合流点近くに築造されていた城

『増訂豆州志稿』は高橋権守兼遠がこれにおり、駿州葛城山城主が、城の案内を知っており、山手から攻めてこれを落したと伝わると言う。
山田川と大場川の合流点近く、箱根山の山裾が三島市街に向って延びる尾根の先端部、標高40m、比高20mの城山がそれである。北部は東海道線、自動車教習所、南部は住居地となる。改変が激しく、主郭、帯郭状のものが見られるにすぎない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する