梅名館

うめなかん
  • 名称うめなかん
  • 俗称・別名石川館、梅縄館
  • 所在地三島市梅名下川
  • 様式その他
  • 関連武将石川日向守家成
  • 文化財指定石川館、梅縄館

梅縄城に封ぜられた石川日向守家成の居館

『増訂豆州志稿』は『藩翰譜』等に記載される、石川日向守家成の伊豆梅縄城五千石をこの地に推定している。同書によれば、すでに天正8年家督を康正に譲り、隠居免により徳川家康が関東に移るのに伴い、天正18年(1590)にこの地に封ぜられ、その娘婿忠総も寄留したと言う。慶長12年(1607)までこの地に居住したらしい。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する