伊豆国府

いずこくふ
  • 名称いずこくふ
  • 所在地-
  • 様式その他

伊豆の国府が置かれていたとされる地

伊豆国府の位置については現在2説がある。1つは『増訂豆州志稿』等の三島市小久保、長谷(現大社町、日の出町)一帯の旧地名から推定するものであり、1つは『三島市誌』等古瓦出土地点から推定する芝本町一帯である。
伊豆国府の名称は鎌倉・室町時代の文献に多く見られるが、それが、集落全体を表わすのか国庁を表わすのか明確でない。伊豆府の名称は『太平記』すなわち室町時代頃まで用いられている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する