大沢砦

おおさわとりで
  • 名称おおさわとりで
  • 俗称・別名砦山
  • 所在地松崎町大沢字小石口
  • 様式その他

池代川と明伏川の合流点付近の、東西に長い独立丘上にある城跡

城史等は一切不明
池代川と明伏川の合流点近く、両川に南北をはさまれ、比高40m程の東西に長い独立丘上に位置している。
西端近くに、東・南・西の三方に土塁をめぐらした径15m~20m程のほぼ長方形をした曲輪がある。本城の中核をなし、土塁は、特に南・西側に顕著で、西側は、幅2m、高さ1.5m程ある。この曲輪の西側は、底部幅3m程の、かなりしっかりした堀切があり、堀は両側の急傾斜で落込み、たて堀を形成している。曲輪の北側が崖で、池代川に落ちる。堀切の先は、小曲輪(?)で、その後、急傾斜で下る。曲輪の東側は、3m程の段差をつけて下り、幅2~4m、長さ15m程の狭い平坦面となる。この東側は、5m程落ち込み、底部幅3m程の堀切となる。斜面に礫が散在しており、一部に石垣の存在も考えられる。堀切の東側は、小曲輪(?)、堀切(?)、そして、丘陵端へとつづく、小曲輪の北側に小祠がある。
丘陵西側は、山神神社境内で、附近の田面よりやや高い。境内は、現在、大沢砦山公園となっている。神社東端に一部土塁状の遺構がみられ、境内全体が、かつて館跡かとの想定もできる。東側丘陵との間は、5~6m幅の平坦地を形成しているが、堀の存在も考えられる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する