上の山城

うえのやまじょう
  • 名称うえのやまじょう
  • 所在地松崎町雲見字上ノ山
  • 様式山城
  • 関連武将高橋丹波守

鎌倉時代からの土豪で、代々北条氏の家臣として仕えた高橋氏の城

『源基氏伝帖』に「雲見上山城主 高橋丹後守」とある。雲見高橋氏は、鎌倉時代からの土豪で、北条早雲に臣従し、北条氏譜代の家臣として代々仕えた。天正18年(1590)、秀吉による小田原攻撃の際、城主高橋丹波守は、下田城に入り、城主清水康英らとともにこれとよく戦った。
城は、入江のやや奥まった太田川右岸の標高60m前後の山頂に位置している。開墾等により遺構は、明確でない。
城の対岸には、駿河湾に突き出した標高162mの烏帽子山があり、駿河湾を一望する恰好の物見台となりうる。頂上には、浅間神社があり、高橋氏は代々同社の神主家をも占めた。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する