吉野屋敷

よしのやしき
  • 名称よしのやしき
  • 所在地富士宮市山本
  • 様式その他

南北朝時代より当地に居住し、江戸時代には代官職に就いた吉野氏の屋敷

吉野氏は、南北朝時代より、この地に居住し、室町・戦国期には今川・武田氏に属し、さらに徳川氏に従属し、江戸時代には、代官職についた家である。
屋敷は、山を背にして三方に土塁と堀を巡らした形態を持っている。現在、土塁もかなり削平され、堀も埋没している。屋敷内は、二段からなっている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する