高原城

たかはらじょう
  • 名称たかはらじょう
  • 所在地富士宮市山本字高原
  • 様式その他

南北朝時代より当地に居住し、江戸時代には代官職に就いた吉野氏の屋敷

今川分限帳に、鷲巣駿河守食邑一万石、高原城主とあり、これを大宮町史ではここに当てているが遺構など明らかでない。
富士宮市黒田高原にあり、高原山の山頂を中心とするようであるが、範囲は明確ではない。なお、鍛ケ窪なる地名も残るが、今は畑地となりそれらしき遺構もない。
ここは駿河から甲州への入口にあたり、西方後背地には富士川および自然の山谷の要害が広がっている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する