大宮城

おおみやじょう
  • 名称おおみやじょう
  • 俗称・別名神田城、富士屋敷、神田屋敷
  • 所在地富士宮市元城町
  • 様式平城
  • 関連武将富士信忠 富士信通

在地勢力であった富士浅間宮の富士大宮司が築いたとみられる平城

築城年代などは定かではないが、駿国雑志などによれば、在地勢力であった富士浅間宮の富士大宮司の築城とみられ、後に今川氏にしたがったが、今川氏の滅亡した永禄12年(1569)から武田氏に属するようになったわけであるが、しかし天正10年(1582)の織田・徳川軍の甲州に進出するにおよんで焼失したという。
本城は富士宮市浅間町の富士浅間宮境内およびその周辺にあり、富士山麓と星山丘陵の間に発達した潤井川の沖積地東岸に位置した平城である。複郭式の曲輪をもっていたようであり、現在の富士浅間神社の湧玉の池東側部分に大手が、その西側の大宮小学校北側の用水は水堀の跡という。さらにその北側は一段高く詰めの曲輪といわれる。
本城は駿河から甲州にぬける交通の要所であり、かつ富士浅間神社の門前町も古くから発達しており、重要な地域であったようである。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する