井出館

いでやかた
  • 名称いでやかた
  • 俗称・別名井出の代官屋敷
  • 所在地富士宮市狩宿字井出
  • 様式その他

鎌倉時代以来の土豪・井出氏の屋敷

井出氏は、鎌倉時代以来、この地に勢力を保持した土豪で、鎌倉時代、その館は、源頼朝の宿泊所にもなったことがある(吾妻鏡)。富士大宮司家に仕え、室町・戦国時代には、今川・武田氏に従属し、戦国大名の争乱に巻き込まれている。天正年間、徳川家康に仕えて駿河国の代官職を命ぜられ、後、駿府町奉行を兼ね、関ケ原の戦後三島代官に任ぜられ、天領を支配した。
館跡は、微高地を背にした台地上に立地し、「井出の代官屋敷」と呼ばれ、現在も、広大な屋敷に長屋を両脇に付属させた冠木門を設けている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する