秀坂屋敷

ひでさかやしき
  • 名称ひでさかやしき
  • 所在地富士市岩淵
  • 様式その他

土塁状の施設らしきものが残存する屋敷跡

屋敷跡は、愛宕山砦跡の南側山裾の比較的緩傾斜部分を削平して階段式に平坦部を造成して構築されたものである。現在は、みかん畑であるが、南向きで日当りもよく、吉津川にのぞんで台地状をなす地形でもあり、屋敷地としては好条件の地であろう。屋敷跡の範囲を限定することは、困難であるが、みかん畑の中を通る小径に沿って約24m余、高さ0.5m余の土塁状の施設らしきものが残存する。堀跡は認められない。変形の屋敷であった。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する