天神川城

てんじんがわじょう
  • 名称てんじんがわじょう
  • 所在地富士市中里1丁目
  • 様式平山城
  • 関連武将徳川家康 稲垣平左衛門

家康が甲州攻めに際し、稲垣平左衛門に築城させた城

天正10年(1582)頃、徳川家康が、甲州攻めの時、家臣の稲垣平左衛門に命じて築城させた城だが、その後の城史については不明な点が多い。
城は、舌状丘陵地の先端部を利用して構えられたもので、馬蹄形に似た地形をなし、東西と中央部に曲輪が存在したと考えられ、西側の曲輪は明瞭には残存しない。中央部の曲輪は、略長方形をなしているが、後方地の形態がはっきりしない。東側の曲輪には、現在天満宮が存置されている。この曲輪は、ほぼ正方形(16m×16m)をなし、高さ7m余であり、東端に小規模な空堀を有していたらしい。東曲輪の区分は、はっきりしないが、L字形をなしていたようである。東曲輪と西曲輪の間には、幅50mに及ぶ空堀が谷のように入りこみ、中央の曲輪の直下まで続いていた。
天神川城は、戦国期に於て吉原城・興国寺城などと連携して根方街道南部と海岸部を守備していたようだ。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する