台山城

だいやまじょう
  • 名称だいやまじょう
  • 所在地富士市北松野
  • 様式平山城

武田氏の駿河侵攻に対し、築城されたと推察される陣城

ゴルフ場の建設工事に先立つ遺跡分布調査によって、昭和48年発見されたもので、現在は、ゴルフ場造成工事で、ほぼ消滅した。
当城は、標高250m程の台山の丘陵上に、東西200m、南北250mに及ぶ地域に築かれた尾根式の山城で、囲郭式の構造を示している。城は、西端を大堀切で丘陵と画し、一の曲輪を軸として、これを囲むように西の曲輪・南曲輪・三の曲輪・二の曲輪が付属して設けられ、二の曲輪に接続して四の曲輪と北側に突出する出曲輪とが構築されている。各曲輪は尾根上に設けられているため、全体の配置状況は、階段式となり、そこに自然谷が数本入りこんで、自然の防禦を形成している。
この城の縄張の特徴は「南大堀切」の構築であって、自然谷を導入してはいるが、幅約10m余で、南から西に走って峰を分断していることにある。延長約500mにも及び、尾根の中心地では1.3mの深さである。空堀の深さとしては浅いが、築城当時は2mを残すものであっただろう。特徴の第2は、一の曲輪を中心にしてほぼ扇形状に配置された曲輪群とその間に入りこんだ3本の空堀である。この空堀に突入した敵兵は、突出した曲輪より側射できるように構築されていたと考えられる。第3に、台山城跡付近より産出する豊富な石材を使用して築いた石塁が多く認められる点にある。しかし石塁の配置及び規模が一定の法則性を示さず、部分的にはその工法に疑問を生ずるところもあるとし、断面の形状も特異なものもあり、石積みの点からも、この台山城は特異な存在である。第4に、石塁線が、城の内部になるほど、直線上に近いことである。中世出城では、地形に限定されることもあり曲線が多いが、平面の多い尾根を有する結果とも考えられる。城跡全体の調査結果では、城の機能を十分に備えてはいないようだ。即ち、遺構からは、築城を途中で工事中止としたように考えられる。それは、各所にみる工法のちがいや堅固さにある。
この山城に関する文献はない。しかし戦国期この地方で築城する軍事力と経済力を有する武士団は荻氏しかいない。従って戦国期松野城の城主であった荻氏に深い関連性のあることは推測できる。附近に伝承されている内房口の戦いから、永禄11年(1568)12月の武田信玄の駿河侵攻について、急遽築城された陣城ではなかったかと推測されるのである。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する