荻館

おぎやかた
  • 名称おぎやかた
  • 俗称・別名荻対馬守屋敷
  • 所在地富士市北松野
  • 様式その他

周囲に土塁を設け、外側に堀を巡らせた、荻氏の単堀単郭式居館

荻氏の居館跡は、松野城跡と県道の中間にあり、城山の山裾に近い位置を占め、東に向かって緩傾斜をなす地に構築されたものである。現在は、田畑や人家となり、わずかに土塁がL字形に延長約80m、高さ約2~1.5m余を残しているにすぎない。現在居館跡の中央を南北に道路と溝が通じ、堀は埋められて、中世城館跡の面影はあまりない。
居館跡の規模と形態は、神戸麗山筆の『荻殿古城跡之図』によって判明する。これによると、南北約130m、東西約100mの約1町四方で、周囲に土塁を設け、外側に堀を巡らしている単堀単郭式の居館であったことがわかる。居館跡の関係の地名として表門、裏門、構などの名が残っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する