夷城

えびすじょう
  • 名称えびすじょう
  • 俗称・別名間門城
  • 所在地富士市間門字城
  • 様式平山城

今川氏との争乱の頃に築かれた北条氏の城

城跡は、間門の東側端にあり、赤渕川と東沢の合流点に位置する。北側にのみ、後方の丘陵地に接続しているが、この方面には、堀切りは認められない。城跡のある台地の三方は、急斜面の崖である。
現在遺構は、南端に土塁が直線上に長さ22m余にわたって残るが、この外側に空堀は存在していない。曲輪跡は、畑となっているが、明瞭な区分はできない。これは、後世、畑への転用の際に地形が改変されたためであろう。
城史については、明らかでないが、天文年間に於ける北条氏と今川氏の争乱の頃、北条氏の河東十二塁の一つとして築城されたものではないかと推定されている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する