東熊堂砦

ひがしくまんどうとりで
  • 名称ひがしくまんどうとりで
  • 俗称・別名岡宮砦、天神川砦
  • 所在地沼津市金岡字東熊堂小字城山
  • 様式その他
  • 関連武将今川義元

今川義元が長久保城を攻撃するために築いたとされる城砦

愛鷹山麓にある他の城館と同じように、その尾根末端を利用しているため、東・西・南は低く、北方は尾根に連っている。
天文14年今川義元が長久保城を攻撃するために築城したといわれ、沢田長門守忠頼がこれを守備したという。現在、新幹線及び住宅地のためほとんど壊滅し、土塁の一部を残すだけである。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する