土囲

どい
  • 名称どい
  • 俗称・別名後藤屋敷
  • 所在地沼津市中沢田
  • 様式その他

南北に長い長方形の単郭の形状に築かれた後藤氏の屋敷

愛鷹南麓根方街道沿いには、いくつかの海道(垣内)・土囲の地名がある。後藤屋敷はこの土囲のひとつである。
館跡は山麓末端の低湿地と接する、比較的低い地に位置している。形状は単郭の方形プランを呈し、南北が長い長方形である。南方と北方には土塁が切れて、そこを入口(門)としていたものと思われる。土塁外側には、幅2m程の堀が周るが、入口は土橋であったかどうか不明である。現在北側の土塁と空堀を除き、土塁が崩され堀に埋め立てられているが、南側の入口に礎石といわれる石が2個置かれ、ほぼ規模を推定できる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する