城山

しろやま
  • 名称しろやま
  • 俗称・別名重寺城、小城山
  • 所在地沼津市内浦字重寺小字城山
  • 様式山城

江ノ浦山塊が急激に海に落ちる末端に築かれた、直線連郭状を呈する山城

江ノ浦山塊が、急激に海に落ちる末端を利用して築れている。城山と呼ばれる山頂は、蜜柑畑の開墾で遺構の痕跡を見出せないが、物見的なものであったと推定される。
里人がいう小城山は、尾根末端にちかく、東から西に向って低くなる、直線連郭状を呈する。主郭には帯曲輪がまわっており、また腰曲輪も二カ所みられる。東に続く尾根とは、太い空堀で区切られている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する