獅子浜城

ししはまじょう
  • 名称ししはまじょう
  • 所在地沼津市獅子浜字城山
  • 様式山城
  • 関連武将大石越後守

駿河湾に大きく突き出した鷲頭山の丘陵を利用して築かれた後北条氏の山城

獅子浜城は、鷲頭山が、西に向って駿河湾に大きく突出した丘陵を利用して築れている。館は本能寺境内にあったといわれ、東側は鷲頭山の急崖、北側に砦、南側に詰城が築れており、三方が要害となっている。このため、南北の陸上交通路は完全に遮断されている。
詰城は館の東南にあり、半独立丘状を呈し、ふたつの郭で構成されている。砦は東西にのびる尾根上にあり、空堀で背後の山と区切られている。また鷲頭山頂が見張台として利用されたといわれるが、明確ではない。
後北条時代、大石越後守が守備していたが、天正18年小田原陣の時退去し、廃城となった。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する