阿野館

あのかん
  • 名称あのかん
  • 所在地沼津市東井出
  • 様式その他

愛鷹山麓の丘陵地末端部に位置する、中世土豪の屋敷

愛鷹山麓の丘陵地末端部に位置し、その南及び西側は水田となっている。東部は集落となっているが、小さな谷が入り、北側をのぞき三方が画される。主郭と推定される地は、大泉寺の境内及び保育園となっており、ほとんど旧状を推定できないが、南部には東西にのびる土塁・空掘の痕跡等をとどめている。北側は丘陵をカットし、狭い長方形の平坦地を造り出している。
館南側を東西に走る根方街道脇に旧浮島村が建立した「幼名今若丸阿野全成碑」があり、また塁段上に「阿野全成父子の墓」と伝える宝篋印塔がある。中世土豪屋敷であったと思われる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する