大城城

おおじろじょう
  • 名称おおじろじょう
  • 俗称・別名大城
  • 所在地賀茂郡西伊豆町大沢里
  • 様式その他

源頼朝の臣・島二郎の居城と伝承される城

地元の伝承によれば、源頼朝の臣、島二郎の居城跡であるという。仁科川を隔てた対岸の大岩を「旗立て岩」といい、合図を送った所という。
標高410m程の山腹で、やや広い平坦地の中に、比高10m前後の小山があり、そこを城跡とする。部落内に「くねうち」「くねそと」の地名あり、また部落北端に「城口」という屋号がある。
仁科川に沿って、中伊豆・東伊豆に通じる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する