安良里城

あらりじょう
  • 名称あらりじょう
  • 俗称・別名阿蘭城、阿羅砦
  • 所在地賀茂郡西伊豆町安良里
  • 様式その他
  • 関連武将梶原兼宗 三浦茂信 本多重次

豊臣秀吉による小田原攻めが開始された北条方の海賊城

天正18年(1590)、豊臣秀吉による小田原攻撃は、この地において徳川の臣本多重次、向井正綱の率いる水軍によって開始された。この北条方の城の守備に当ったのは、梶原兼宗、三浦茂信であった。
城は、天然の良港安良里港をかかえ、港に突き出した網屋岬の上、標高50~100m前後の狭い丘陵上に位置している。
南側、標高302mの今山から北にのびる山脚が一段、大きく段をつくって低くなる。そこに若干、堀切らしいものを設け、以後、北に、3~4の曲輪と思われるものが、数個の塁段と堀切らしいものによって区画されながら続くが、遺構としては、かなり不明確である。一部に石積らしきものも見られる。曲輪跡から、炭化米も発見されている。
この城は、いわゆる海賊城とされ、尾根づたい今山を経て、田子の小松城に至る。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する