南一色城

みなみいっしきじょう
  • 名称みなみいっしきじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地駿東郡長泉町南一色字北村
  • 様式平山城

長泉南一色の丘陵性台地の先端部に位置する城跡

本城に関する伝承・記録等は何もない。
本城は長泉南一色の、北東から張り出した舌状の丘陵性台地の先端部、標高100mの通称城山に位置し、脚部よりの比高15mある。城域は長さ350m、幅およそ130mあり、東側に梅ノ木沢(天神川)が迂曲して流れる。主郭のⅠノ曲輪の北側に空堀切を画して北ノ曲輪、南東側にⅡ・Ⅲノ曲輪が連続している。Ⅰノ曲輪は方55×30m、Ⅱノ曲輪は方40×30m、Ⅲノ曲輪はそれより一段下になって方40×25mあり、三つの小さな段状平場となる。これらの曲輪には土塁が残っており、その下方の西から南側へ帯状の平場が連続している。これに5本の竪堀と張出し平場がある。Ⅰノ曲輪北側の空堀切の東堀底は通路となっていて、鍵ノ手に曲折して下におりる。ここが大手口であろう。北曲輪は長さ150m、幅30~55mあり、高低のない平場となっているが、北端は低くなっていて、ここに大堀があったという。
本城は長久保城の北東500mにあり、出城であるとするものと、武徳編年集成にいう「天神川砦」であろうとする説もあるが、いずれも確証はない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する