上丹屋敷

じょうたんやしき
  • 名称じょうたんやしき
  • 俗称・別名古屋敷
  • 所在地裾野市深良
  • 様式その他

俗称『古屋敷』に築かれた大森氏の居館か?

大森氏の居館跡というが明らかでない。
本居館は深良川が東方の箱根山中から平坦部に出て、深良須釜南方で大きく蛇行する内側に抱かれた、小字原、俗称「古屋敷」の台状地形に位置する。広さは東西70m、南北100mあり、北側の川の迂曲部から東側の台上にかけて、掘り込んだ跡があり、東側に土塁の残欠という小丘がある。裾野市教育委員会では、この小丘を古屋敷古墳であるとし、その標柱を建ててある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する