葛山かくれ城

かずらやまかくれじょう
  • 名称かずらやまかくれじょう
  • 俗称・別名葛山かくし砦、城ノ腰
  • 所在地裾野市葛山
  • 様式その他

昔から葛山氏の「かくれ城」という伝承があるが、確証はない。永禄11年(1568)以降、武田氏の駿河侵攻が本格化して、葛山氏が服属を迫られた時点か、あるいは服属した後に葛山城や居館が武田氏の手に移って、北条氏と敵対するようになった時、本城を一時的な避難場所としたのであろうか。
本城は葛山の大久保川の沢にそった山道を、葛山館から2.6kmほど遡った愛鷹山中の、葛山城へ派出する尾根隆起部標高470mの地点小字「城ノ腰」に位置する。この地点を主郭とし方20mほどあり、それより南々東方向へ分岐する長さ500mの、両斜面急峻な尾根支脈上に2本の空堀切りと数段の平場がある。末端平場には山神社があり、東へ帯状平場が延び、山神社背後には沢状の竪堀がある。
本城からは鏃と古銭が出土したという。なお本城下の谷間に沿って「山居」「ネギ沢」という小地名があり、「山居」からは多数の五輪塔が出土したという。本城と何か関係があるのだろうか。なお本城は四周からいずれも望見することができない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する