大森居館

おおもりきょかん
  • 名称おおもりきょかん
  • 俗称・別名堀之内
  • 所在地裾野市深良
  • 様式その他

鎌倉時代始めに土着した大森氏の居館

群書系図部集大森葛山系図によると、鎌倉時代の初め藤原親康が、この大森郷に住し以後歴代大森氏を称したという。ここは大森氏の本據であったらしい。
居館は箱根山西麓末端が、裾野市深良地区で泉川によって切断され、高雄山(通称天神山)という独立の丘陵となるが、この丘陵の東南脚部に抱れた「堀之内」に位置する。現在は地名のみで遺構は何もない。堀之内の南に接して南堀という小字があり、ここに興禅寺という寺院がある。この背後は高雄山から南へ連続する長さ250mの低丘陵となっているが、高雄山とは切通しで切断され、頂部は方40mの平坦地で、土塁が三方に残り、西側には三段の平場があって、なお丘陵脚部には帯状平場がめぐっている。また興禅寺は居館としての位置にふさわしい。
本寺は寺記によれば観応年間(1350~52)の創建といい、大森氏に関係が深い。後に応永23年(1416)、禅秀の乱に足利持氏が大森の館を頼ったというのは、ここではなかろうか。この遺構のある丘陵は後に江戸時代稲葉氏が陣屋を置いたという。
さらに堀之内の北側背後の丘陵を、通称大森山、また大森氏の守護神天神祠があるので天神山ともいう。ここに大森城があったとするが遺構は何もない。またこの山の西側脚部に西安寺があり、大森氏を開基とする。本寺も大森氏居館というが、遺構はない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する