大畑城

おおはたじょう
  • 名称おおはたじょう
  • 所在地裾野市大畑
  • 様式山城

居館と城とが一体となった中世古城の一典型

本城に関する文献、記録等は何もない。
本城は大畑集落の北側を遮る愛鷹山東末端の、標高170mの狭長な尾根頂部、小字古城跡に位置し、南裾部からの比高30mほどある。本城の北側は絶壁となって佐野川(谷津川ともいう)に落ち込み、東側は黄瀬川に囲まれる。城域の長さは350mほどあり、本郭は広40×25mあって、その左右に一段下がってそれぞれ平場があり、双方は本郭南側直下で帯状となって連絡しているが、途中は一部崩壊している。この両端は空堀切で画され、その北西側は尾根が高まり頂部に平場があり一郭をなす。ここより南へ突出した二段の平場がある。東空堀切からは狭い尾根上に三段の平場が連続し、南へ下って末端に小さな二段の平場と竪堀がある。本郭と東の郭に囲まれて、その裾部に方100mの「殿屋敷」という居館が接続し、土塁の一部が残存する。この居館から西側に接して「上・中・下屋敷」という小字地名が南へ連続し、南端は小地名「牢屋敷」となっている。
本城は居館と城が一体となった中世古城の一典型であり、築成の年代の古さを示しているのではなかろうか。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する