狼煙崎台場

のりしざきだいば
  • 名称のりしざきだいば
  • 所在地下田市鍋田字狼煙崎
  • 様式その他

下田湾沿岸の海防のために築造された台場

幕末、州佐里台場と共に下田湾沿岸の海防のため、築造されたといわれている。
台場が築かれたと伝えられる狼煙崎は、鍋田湾西岸の岬で、湾及び外海をみわたせる要衝であるが、台場の施設・遺構等は不明で、当地に台場を築造したという説についても、詳細は不明である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する