泉頭城

いずみがしらじょう
  • 名称いずみがしらじょう
  • 所在地駿東郡清水町伏見字泉頭
  • 様式平城
  • 築城年弘治年間(1555~1558)

駿河志料等によれば、弘治年間(1555~58)後北条氏が築くという。永禄12年(1569)武田氏が本城を攻撃し焼失したとする。天正8年(1580)沼津三枚橋城の武田氏の攻撃に対し、諸将を置いて備えたとし、その後天正18年(1590)秀吉の小田原征伐の際、北条氏は本城を放棄して廃城になったという。慶長20年(1615)になって、徳川家康が本城を隠居所にするため、新しく縄張りをしたが、家康の死により中止となったと伝えられている。
本城は黄瀬川の形成した扇状地南端を浸蝕して、渓流となった柿田川の水源地、清水町の伏見小字泉頭に位置し、城域は南北600m、東西320mある。柿田川水源に流れ込む数条の並行した浸蝕谷一、二、三ノ洞のあいだの、台状地形を利用して、それを東西の空堀で画し、中央に本郭Ⅰノ曲輪を置き、その南北にⅡノ曲輪、北曲輪、出郭を配する。南端の出郭はここより南900mに位置する戸倉城と柿田川を通じて連絡する舟付場であったという。本郭西側には一ノ洞をへだてて西曲輪があり、四郭を構成して、その南端の出郭は柿田川に面する。同東は三ノ洞を隔てて東曲輪、小郭、南曲輪が連なり、外側は空堀で防禦される。なお水源地西台上には出郭状の遺構がみられる。本城の大部分は工場、住宅、道路等で破壊され、出郭の一部分が残るだけとなっている。
本城は沼津方面より三島、北伊豆に入る交通路を扼し、戸倉城と対の城であったと考えられる。城域内南曲輪を小字大宿というが在番城士の居住地であったろうか。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する