大雲院土居

だいうんいんどい
  • 名称だいうんいんどい
  • 俗称・別名大雲院
  • 所在地御殿場市深沢字西村小字寺内
  • 様式その他

深沢八郎右衛門が開き、深沢氏の居館と思われる寺院

大雲院寺記、駿河記によれば大雲院は深沢八郎右衛門の開基であり、深沢氏は当地の開発者であるという。その屋敷跡を「堀之内」といい、四方一丈ばかりの土手・馬場の跡があるという。
周辺の関連地名から推して、本寺域が深沢氏の居館の地ではなかろうか。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する