田中城

たなかじょう
  • 名称たなかじょう
  • 所在地田方郡函南町桑原字丸山
  • 様式山城
  • 関連武将田中内膳

北条早雲を堀越公方の後見として韮山城主にさせたと言われる田中内膳の居城

『増訂豆州志稿』は興国寺城の伊勢長氏を堀越公方の後見として韮山城主にさせ、鎌倉北条氏の跡目を継承させたと言われる田中内膳の居城としている。又内膳については長氏の外祖父横井掃部助の親族で長氏を女婿とするとある。
桑原の北、入谷の通称丸山と呼ばれる谷の中に張り出した独立した小高い丘がそれである。周囲は急傾斜で北部のみ尾根線でやや緩やかである。北は冷川が流れる。比高約20m。
現状は山林である。東から西に延びる尾根の中央を空堀によって、区切りとしている。西郭の周囲には輪郭状の遺構らしいものも見られる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する