田代城Ⅱ

たしろじょう
  • 名称たしろじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地田方郡函南町田代字大田原
  • 様式平山城
  • 関連武将田代信綱

鎌倉時代、源頼朝の旗上げに加わった田代信綱の城と伝えられる城跡

田方郡修善寺町田代の田代城跡とともに鎌倉時代源頼朝の旗上げに参加した田代信綱の城跡と伝えられる。『増訂豆州志稿』『伊豆鑑』では、初め修善寺町に居住し、後に移住したとしている。同書には田代村の東北6、7町とあり空堀、廃井戸が残り、大判や鏃、磁器などが発見されたと記述され、山下の居館跡は竹藪となっていると伝える。又これと数町を隔ててもうひとつ城山と呼ぶ砦跡があるとしている。
現在田代城跡と呼ばれる城山は前述の記載とは一致しない点もあるが、田代の盆地に接した東側の尾根が先端部に位置する。比高約20mで、尾根が東部でくびれているため独立丘状を呈する。主郭から南部は保存状態は良いが、北部は畑地整備により破壊されている。北から南に延びる尾根を空堀によって区切り郭を設ける。郭の周辺には帯曲輪状の遺構も認められる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する