柏谷城

かしやじょう
  • 名称かしやじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地田方郡函南町柏谷字城山
  • 様式山城

豊臣氏の小田原攻めの際、韮山城攻撃のための陣を築いたと伝えられる城山

柏谷向原から谷をひとつ隔てた東側の比高約30mの城山と呼ばれる山上で、現在は宅地造成により大部分が破壊されている。さらに東は来光川を隔てて大仙山城に近接している。
『増訂豆州志稿』によれば天正18年(1590)豊臣氏の小田原の役の時、韮山城攻撃のため、この地に陣を築いたと伝えられる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する