城の平

じょうのたいら
  • 名称じょうのたいら
  • 俗称・別名城の平
  • 所在地賀茂郡河津町下佐ケ野字城の平
  • 様式山城

築城者・築造年代・共に不詳。城跡は、河津川の上流下佐ケ野の通称、城の平と呼ばれる標高240mの山頂にある。一の郭の存在する山頂中央部は、東西約140m・南北50m~80mで、その北から東にかけての外側にそって、幅1m~2mの帯郭状の遺構がまわっている。また、西側から北側の一部にかけては土塁が構築されている他、その外側にそって、幅約5m~6mの空堀りも存在する。二の郭は、この空堀西側に連なって存在し、東西約90m、南北約40mほどの規模を有している。また、城跡南側はずれ虎口とおもわれる附近には、古井らしき遺構も存在する。
自然の急峻地形を利用した典型的な山城であり、河津郷を一望に収める要衝に位置している。規模・遺構の状況等からみて、川津城をしのぐ城跡である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する