清水氏館

しみずしやかた
  • 名称しみずしやかた
  • 俗称・別名能登殿屋敷
  • 所在地賀茂郡河津町川津筏場字矢野
  • 様式その他
  • 関連武将清水上野守

天正の末、下田城主清水上野守・其子能登守が下田城落城後遁處したと伝えられる所で、能登殿屋敷跡と称されて来た。
館跡は、川津・筏場三養院の東隣りに位置しているが、宅地化によって遺構等は消滅し旧状を知ることはできない。ただ、文禄年間の川津・筏場の検地帳には、能登・能登居、等の地名がしるされている。
なお、一説によると清水上野守は、沢田の林際寺へのがれたとの説もある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する