蔭山氏館

かげやましやかた
  • 名称かげやましやかた
  • 俗称・別名城山
  • 所在地河津町笹原字蔭山
  • 様式その他
  • 関連武将蔭山勘解由

鎌倉公方、足利持氏の七男で川津城城主、蔭山勘解由(初代)にはじまる蔭山氏の宅址と伝えられている。蔭山氏は、天正の末に6代利廣が当地を退くまで、当処に居住したという。
居館跡は、川津城の西側山下に位置し、標高約20mの山麓斜面に占地している。現在、蔭山という地名が残っているが、宅地化によって遺構等は残存せず、その旧状をしることはできない。
なお、居館跡の近くにかつて蔭山神社の小祠も存在したが、今は消滅し来宮神社へ合祀されたという。この他、蔭山氏に関する資料としては、浜の長福寺に蔭山勘解由の供養塔と称する石塔1基が現存する。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する