竹之下屋敷

たけのしたやしき
  • 名称たけのしたやしき
  • 俗称・別名城ヶ腰
  • 所在地-
  • 様式その他

大森氏または竹之下八左衛門頼忠の屋敷と伝えられる館跡

群書系図部集大森葛山系図にある大森氏の居館ともいう。また竹之下孫八左衛門頼忠の屋敷であるとも伝えられる。
鮎沢川がほぼ直角に宇曲するところへ突出した河岸段丘の、「城(ジョウ)ケ(ガ)腰(コシ)」というところに位置する。方約100mばかりあり、四周より比高2~3mの台状をなす。北側はさらに方40mほど一段と高い平場をなす。かつては井戸址があったという。
足柄街道を扼する位置にある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する