竹之下堀之内

たけのしたほりのうち
  • 名称たけのしたほりのうち
  • 俗称・別名堀之内
  • 所在地-
  • 様式その他

鮎沢川西岸の河岸段丘の一角に位置している遺跡

竹之下小字堀之内の興雲寺には室町時代と思われる宝篋印塔があり、竹之下孫八左衛門の墓とし、かつ本寺院の開墓であるという。
鮎沢川西岸の河岸段丘の一角に位置し、興雲寺境内及びその周辺を堀之内という。遺構は何もない。
竹之下の「城ケ腰」とは約200mほどあり、双方は何か関連があったのではなかろうかとしている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する